福島県の郷土玩具INDEX郷土玩具の杜トップページプロフィール絵手紙掲示板リンク集


福島県集玩旅行後記

【会津若松〜高柴デコ屋敷】


今回の福島県への集玩旅行は、天候にも恵まれ行く先々で人々の温かいもてなしを受けました。
特に会津の山田さんには、休業日にも関わらずお店を開けて待っていて下さった事や、子供達におもちゃをプレゼントして下さった事は感謝しております。

yamada12.jpg   yamada11.jpg


五十嵐さんの廃業を聞いた時はとても残念に思いましたが、木型は残っているそうなのでいつかまた復活される事を願っております。

三春に着くと、柔らかく心地いい風が吹いていました。
春になると梅・桃・桜の三つの花が同時に咲くところから「三春」という名前が付いたと聞きました、綺麗な地名ですね〜♪

deko1.jpg
高柴デコ屋敷


この看板の先に江戸時代から人形作りを続けている集落がありました。

daikoku4.jpg   honke4.jpg

hikoji3.jpg   hikoji1.jpg


集落から少し離れた恵比須屋さんは、笑顔で「どうぞ、お上がりになってゆっくり見ていって下さい」と迎えて下さいました。
高柴の張り子作りは、幕藩体制の安定した元禄時代、デコ屋敷の先祖橋本元右衛門を創始とし、恵比須屋の橋本広司さんは十七代目との事です。

ebisuya17.jpg   ebisuya3.jpg
恵比須屋さんの母屋はとても赴きがあり、広い室内には至る所に張り子が並んでいました。

ebisuya25.jpg   ebisuya30.jpg

縁側では張り子をたくさん干していました。
子供達はおばあちゃんの張り子作りを興味深く眺めていて、時おり質問もしていました。

広司さんは張り子作りとはまったく別の顔も持っておりまして、アルバムを開きイベント会場で踊るひょうきんな写真の数々を子供達と笑いながら拝見していると…

ebisuya26.jpg

ebisuya15.jpg   ebisuya14.jpg


突然ひょっとこのお面を被り、目の前で「ひょっとこ踊り」を披露して下さいました!

いや〜面白かったですよ〜、テレビで見たのと同じでした♪
さらに広司さんは「記念に…」とおっしゃり…
すらすら〜っと和紙に2枚も温かいお言葉と絵を書いて下さいました。

ebisuya12.jpg ebisuya13.jpg

ebisuya40.JPG
「一生一笑」

なんて素晴らしい言葉なんでしょう!
一度しかない人生ですから、笑って暮らすも一生、泣いて暮らすも一生…
どうせなら一生笑って過ごしたいものです。

広司さんに描いて頂いた絵は、我が家の家宝にさせて頂くと共に、今後「一生一笑」を座右の銘にさせて頂きます。
恵比須屋さんでは他では味わうことのできない素晴らしい体験をさせて頂き子供達も喜んでおりました、本当にありがとうございました。
東北地方の入口に位置する福島県、温かい人達が作った明るい人形をたくさん入手する事が出来ました。

zabijin3.jpg

※今回は、たまたま描いて(踊って)下さったと思いますので、くれぐれも橋本様へのご配慮をお願い致します。

2005.10.9 ぽぱい


福島県の郷土玩具INDEX郷土玩具の杜トップページプロフィール絵手紙掲示板リンク集

(C)2004 takashi okawa. All Rights Reserved. (popyahsan@yahoo.co.jp )