TOPプロフィール面白い話掲示板リンク集東京都岡山県香川県|埼玉県|


kagura_1.JPG

備中神楽人形

入手日:2004年3月20日

入手場所:岡山県観光物産センター

岡山県岡山市表町1-5-1
T E L:086-234-2270


備中神楽」を調べてみました。

岡山県成羽町の文献によりますと…
《暴風雨や悪疫などをもたらす荒神の心をやわらげようとして行なわれてきた荒神祭りの鎮魂行事の中で民俗芸能として育てられ、信仰と芸能・古いものと新しいものが渾然一体となって伝承され続けている間に、秋祭りや正月などに欠くことができない郷土芸能として成長し、備中地方一円に広まっています。》

恐い顔をした人形とおとぼけ顔の人形のギャップが激しいですが、これは全部で8体の神様の人形で、2体で1組のセット販売をしておりました。


kagura_mise.JPG  
kagura_mini_index.JPG

本来は全て入手したいのですが、大きさと予算の都合上、どれか一つにしようと思い、奥さんに「どの人形がいいと思う?」と聞いた所、しばらく眺めてから「これが面白い顔でいいね〜!」とこちらのセットを指差しました。

kagura_b.JPG  kiss.JPG
                   
チュッ♪

私とまったく同じ意見だったので即購入、なんともトボケタ表情が最高です♪
こちらは
田辺収全さんの作品で、「松尾明神(左)」と「室尾明神」の舞姿を人形化したものです

調べたところ…「松尾明神」は京都市右京区嵐山の松尾神社の祭神で酒造りの守護神。お芝居では茶利役(三枚目の役)を演じます。

kagura_ushiro.JPG

「松尾明神」は酒造りの神様だったのですね、しかも「室尾明神」は酒造りのお手伝いをするそうです、だから2体とも酔っ払ったような顔をしているのですね〜(笑)


TOPプロフィール面白い話掲示板リンク集東京都岡山県香川県|埼玉県|
(C)2004 takashi okawa. All Rights Reserved. (
popyahsan@yahoo.co.jp )